交通事故(被害者側)

すぎしま法律事務所 弁護士 杉島健二(岐阜県弁護士会所属)は、岐阜県内の死亡事故や後遺障害のある事故を、数多く解決してきました。

交通事故の相談は、初回1時間は無料です。弁護士費用特約が使えます。

当事務所の最重点業務です。

当事務所は、交通事故の被害者側の損害賠償請求を最重点業務としています。加害者側や保険会社の代理人は、原則として行っていません。

これまで、多くの死亡事故や後遺症のある事故を解決してきました。

私は、先天性リンパ腺腫瘍という病気で生まれ、その治療のための後遺症が少しだけ残っています。

ですので、交通事故の被害に遭った方や後遺症が残った方のためにの力になりたいと思い、交通事故の被害者側の損害賠償請求の事案に取り組んでいます。

また、高次脳機能障害、遷延性意識障害(いわゆる「植物状態」)などの重度の後遺症の場合には、単に損害賠償請求をするだけでなく、身体障害者手帳の取得や障害年金の申請などをサポートして、その後の人生での負担が少しでも軽くなるような活動もしています。

なお、交通事故専用のホームページもありますので、ご参照ください。→ ここをクリックしてください。

これまでの解決事例

当事務所は、これまで、多くの死亡事故や後遺症のある事故を解決してきました。

担当してきた後遺症は、高次脳機能障害、遷延性意識障害(いわゆる「植物状態」)、CRPS、大動脈解離、脊柱や各関節の、変形障害・運動障害、むち打ちなどの神経症状など、多種多様です。

〇 小学生の高次脳機能障害(後遺障害3級)で約1億2000万円で示談成立

〇 CRPS(反射性交感神経ジストロフィの事案で約5000万円で和解成立

〇 自転車の死亡事故で、約6000万円の賠償金を回収

〇 高次脳機能障害で、自賠責後遺障害5級2号を取得 

〇 事故直後に減収がない場合の後遺症逸失利益

〇 示談交渉で約3倍の1150万円で和解

〇 脊柱の変形傷害と後遺障害逸失利益

〇 追突事故による主婦のむち打ち事案

〇 兼業主婦のむち打ちの後遺障害14級の事案で、治療費などを除いた約335万円で示談成立

〇 遷延性意識障害の被害者の成年後見人として訴訟提起し、自賠責保険金4000万円のほか、8300万円の和解金を獲得した事案。

弁護士費用

1 法律相談

   初回は無料。2回目からは30分ごとに5000円(消費税別)。ただし、後に正式に依頼していただいた場合、法律相談費用は、着手金から控除します。

2 着手金

   請求額などが、

   ①300万円以下の場合は、 8%。   

   ②300万円を超え3000万円以下の場合は、5%+9 万円。
   ③3000 万円を超え 3億円以下の場合は、3%+369 万円。

   ④3 億円を超える場合は、2%+738 万円
3 報酬

   獲得額などが、

   ①300 万円以下の場合 は、 16%。

   ②300 万円を超え3000 万円以下の場合は、100%+18 万円。
   ③3000 万円を超え3 億円以下の場合は、6%+138 万円。

   ④3 億円を超える場合は、 4%+738 万円

4 弁護士費用特約が使える場合  

  着手金と報酬のいずれもまず弁護士費用特約から支払っていただき、弁護士費用特約の限度額(通常は300万円)を超えた際には、実際にお支払いいただきます。

5 その他の費用

  裁判をする場合に、裁判所に納める収入印紙代や切手代、各種資料の取り寄せ費用などが必要です。

交通事故のブログ

当事務所の交通事故のブログは、→ こちらです。

〇 大切なご家族が、交通事故で亡くなられてしまった場合の諸手続き

〇 大切なご家族が、交通事故により高次脳機能障害や遷延性意識障害(植物状態)などの重度の後遺障害覆われてしまわれた皆様へ

〇 反射性交感神経性ジストロフィー(RSD) ー CRPS・TypeⅠ について

〇 交通事故の被害にあったが、加害者側保険会社から治療費の支払いを打ち切られてしまった場合、どうするか? ー 自賠責保険と健康保険の使用

〇 交通事故のけがの治療に健康保険は使えるの?

〇 交通事故の保険 その① ー 自賠責保険と任意保険

〇 交通事故の保険 その② - 弁護士費用特約

〇 交通事故の保険 その③ - 自転車事故のための保険

〇 交通事故の損害賠償基準は3つもある?!

〇 交通事故証明書とは、何ですか?

〇 最高裁判所が、後遺障害逸失利益の損害賠償について定期金払い方式を認めました。― 最高裁判所令和2年7月9日判決

〇 不法行為により傷害を負った被害者の母が、被害者が死亡したときにも比肩しうべき精神上の苦痛を受けたと認められる場合における母による固有の慰謝料請求の可否 - 最高裁第3小法廷昭和33年8月5日判決 最高裁判所第3小法廷昭和31年(オ)第215号

〇 交通事故により遷延性意識障害(植物状態)となった被害者の損害として、①将来の治療費が認められるか。②将来治療費から、健康保険の自己負担分を超える部分やその他福祉制度による給付などが控除されるか。③成年後見人の報酬分の費用が認められるか。について判断した裁判例 - 札幌地方裁判所判決平成28年3月30日判決 札幌地方裁判所平成27年(ワ)第558号

交通事故の損害賠償請求について

 岐阜の弁護士杉島健二(岐阜県弁護士会所属)が、交通事故の損害賠償請求について、わかりやすくご説明します。

1 損害賠償請求ができる人とされる人

2 損害の種類

3 損害額の算定方法

(1)損害賠償額の基準

   損害額の算定の基準が3つあること、及び、その内容などについて、ご説明いたします。

(2)傷害事案(後遺障害がない場合)の損害額の算定基準

   傷害事案についての損害額の基準やその具体的内容について、ご説明いたします。

(3)後遺障害事案の損害額の算定基準

   後遺障害事案についての損害額の基準やその具体的内容について、ご説明いたします。

(4)死亡事案の損害額の算定基準

   死亡事案についての損害額の基準やその具体的内容について、ご説明いたします。

4 損害額の減額事由

5 保険制度について   自賠責保険について

交通事故による後遺障害(後遺症)について

以下では、交通事故による後遺障害(後遺症)について、ご説明いたします。

「1 総論」では、まず、「(1) 後遺障害とは」で、後遺障害の意義などをご説明いたします。次に、「(2) 自賠責保険における後遺障害等級認定制度」では、、交通事故の損害賠償実務において重要な位置づけをされている自賠責保険における後遺障害の等級認定制度について、ご説明いたします。

「2 各論1 - 部位別後遺障害」では、人の体を10の部位に分けて、それぞれの部位の後遺障害の種類や認定基準について、ご説明いたします。まずは、ご自身が受傷された部位についてのサイトをご覧いただけるとよろしいかと思います。

1 総論

(1) 後遺障害とは

(2) 自賠責保険における後遺障害等級認定制度

2 各論① ー 部位別後遺障害

① 眼(眼球及びまぶた)の後遺障害

② 耳(内耳等及び耳介)の後遺障害

③ 鼻の後遺障害

④ 口の後遺障害

⑤ 神経系統の機能又は精神の後遺障害

⑥ 外貌(がいぼう)(上肢及び下肢の醜状を含む。)の後遺障害

⑦ 胸腹部臓器の後遺障害

⑧ せき柱及びその他体幹骨の後遺障害

⑨ 上肢(上肢及び手指)の後遺障害

⑩ 下肢(下肢及び足指)の後遺障害

3 各論② ー 症状別後遺障害

〇 むち打ち症などの神経症状

〇 高次脳機能障害

〇 反射性交感神経性ジストロフィー(RSD) ー CRPS・TypeⅠ

死亡事故について

大切なご家族などが交通事故で亡くなられたとき、損害賠償請求はもちろん、その他の法律問題や手続きの問題も出てきます。

また、これから、目の前にある様々な問題や手続きについて、どのように進めていったらよいか不安を持たれると思います。

そこで、以下のページにおいては、死亡事故の諸問題や、死亡事故の解決までの流れについて、わかりやすくご説明いたします。

1 死亡事故の諸問題

ご家族の方が死亡事故で亡くなられた場合、主に発生する手続きや法律上の問題としては以下のものがあります。

(1) 死亡後の諸手続 → こちらをご覧ください。

ご家族が亡くなられると、行政(市町村役場など)に対して様々な手続きをしないといけません。これらの手続きの主なものについて、簡単にご説明いたします。

(2) 交通事故の損害賠償請求 → こちらをご覧ください。

ご家族が交通事故で亡くなられた場合、その相続人の方は、加害者や加害者が加入する保険会社に対して、損害賠償請求をすることになります。

そこで、交通事故の死亡事案における損害の種類(死亡逸失利益、死亡慰謝料など)や損害額の算定方法などについて、ご説明いたします。

(3) 相続問題の処理 → こちらをご覧ください。

ご家族が交通事故で亡くなられると、亡くなられた方の相続が発生します。

そこで、相続について、簡単にご説明いたします。

(4) 加害者の刑事裁判への対応 → こちらをご覧ください。

交通事故でご家族が亡くなられた場合、加害者の刑事裁判が行われます。

そこで、交通事故のご遺族が、刑事裁判にどのように関与できるかについて、簡単にご説明いたします。

2 死亡事故 受任から解決までの流れ

ここでは、死亡事故について当職(杉島)が受任した場合、どのような流れで、解決に向かっていくのかについて、一つの例として、ご説明いたします。 → こちらをご覧ください。

ご相談のご予約

〒500-8833

岐阜市神田町1-8-4プラドビル7A

すぎしま法律事務所  

弁護士 杉島健二(岐阜県弁護士会所属、日弁連登録番号:33726)

TEL:058-215-7161

お問い合わせ、ご相談の予約は、ここをクリックしてください。

© 2021 すぎしま法律事務所 弁護士 杉島健二 Powered by AFFINGER5