弁護士費用

交通事故

1 法律相談

   初回は無料。2回目からは30分ごとに5000円(消費税別)。ただし、後に正式に依頼していただいた場合、法律相談費用は、着手金から控除します。

2 着手金

   請求額などが、

   ①300万円以下の場合は、 8%。   

   ②300万円を超え3000万円以下の場合は、5%+9 万円。
   ③3000 万円を超え 3億円以下の場合は、3%+369 万円。

   ④3 億円を超える場合は、2%+738 万円
3 報酬

   獲得額などが、

   ①300 万円以下の場合 は、 16%。

   ②300 万円を超え3000 万円以下の場合は、100%+18 万円。
   ③3000 万円を超え3 億円以下の場合は、6%+138 万円。

   ④3 億円を超える場合は、 4%+738 万円

4 弁護士費用特約が使える場合  

  着手金と報酬のいずれもまず弁護士費用特約から支払っていただき、弁護士費用特約の限度額(通常は300万円)を超えた際には、実際にお支払いいただきます。

5 その他の費用

  裁判をする場合に、裁判所に納める収入印紙代や切手代、各種資料の取り寄せ費用などが必要です。

離婚問題

1 法律相談

  30分ごとに、5000円(消費税別)。ただし、後に正式に依頼していただいた場合は、着手金から、法律相談費用を控除します。

2 離婚事件の着手金

 ① 示談交渉

   20万円から(消費税別)。

 ② 家事調停

   30万円から(消費税別)。

 ③ 訴訟(裁判)

   40万円から(消費税別)。

3 報酬

 ① 離婚が成立した場合

  30~50万円。

 ② 慰謝料や財産分与で財産を獲得した場合など

  獲得額の20パーセント。

4 裁判所への出頭費用

  事件が着手から1年を超えた場合は、裁判所に出頭するごとに2万円~3万円(消費税別)と交通費。

刑事私選弁護

1 着手金

   自白事件は40万円から(消費税別)。否認事件や裁判に裁判対象事件は、80万円から。

2 報酬

 ① 不起訴になった場合

   40万円から(消費税別)。

 ② 執行猶予付き有罪判決となった場合 

   30万円から(消費税別)。

 ③ 検察官の求刑より軽い刑となったとき。

   20万円から(消費税別)。

3 接見費用

 ① 接見回数が5回目までのとき

   着手金に含まれます。

 ② 接見回数が6回を超えたとき、1回につき

   2万円~3万円(消費税別)。

4 保釈

  保釈が認められたときは、保釈保証金の15~20パーセント程度(消費税別)。

  ※ 保釈申請には、裁判所に納める保釈保証金が、別途必要です。

5 初回接見

  とりあえず、初回接見だけ行く場合は、4万円~5万円(消費税別)。ただし、後に弁護人として、正式に依頼していただいた場合は、着手金から初回接見費用を控除します。

6 法律相談

  30分ごとに5000円(消費税別)。ただし、後に弁護人として、正式に依頼していただいた場合は、着手金から法律相談費用を控除します。

その他

  準備中です。

© 2021 すぎしま法律事務所 弁護士 杉島健二 Powered by AFFINGER5