相続問題 

「遺産分割について、兄弟と話がまとまらない。」、

「親の遺言書が出てきたが、自分の取り分が少ない。遺留分を請求したい。」、

「子供がもめないよう遺言書を作っておきたい。」

などといったときは、すぎしま法律事務所 弁護士 杉島健二(岐阜県弁護士会所属)に、ご相談ください。

 遺産分割、遺留分減額、相続放棄、遺言書作成など、いろいろな相続問題を解決してきました。

 相続問題は、親族間で感情的な対立が生じやすく、話し合いによる解決が難しい事案です。

 当事務所では、家庭裁判所へ調停を速やかに申し立てることなどにより、迅速かつ適正な解決を目指します。

 相続の相談は、初回1時間以内は無料です。

 

〒500-8833

岐阜市神田町1-8-4プラドビル7A

すぎしま法律事務所  弁護士 杉島健二(岐阜県弁護士会所属、日弁連登録番号:33726)

TEL:058-215-7161

お問い合わせ、ご相談の予約は、ここをクリックしてください。

 

1 遺産分割

「親が亡くなったが遺言書がない。兄弟と遺産分割について話をしようとしたが、意見がバラバラで話がまとまらない。」

といったとき、弁護士にご相談ください。問題点を整理し、遺産分割の実現を目指します。

遺産分割の問題は、通常、①示談交渉(裁判手続き外での話し合い) → ② 家庭裁判所での調停 → ③ 家庭裁判所の審判という流れで進んでいきます。

2 遺留分減額請求

「親が亡くなって遺言書が出てきたが、自分の取り分がすくない。」

などいったとき、取り分の少ないあなたにも、遺留分の請求が可能な場合があります。

3 遺言書作成

「自分が死んだ後に、子どもたちが相続争いでもめてほしくない。」

「2人兄弟の息子がいるが、長男が障害者なので、長男に少しでも多く遺産を残したい。」

といったとき、弁護士にご相談ください。

これまでのご事情をお聞かせいただき、ご依頼者の意思に沿うような遺言書を作成いたします。

4 相続放棄

「親が亡くなったが、たくさんの借金がありそうだ。」

「会ったこともない叔父にあたる人が亡くなって、叔父にお金を貸したという人からお金の支払いを請求された。」

などといったとき、弁護士にご相談ください。

家庭裁判所に相続放棄の申述をして、被相続人(亡くなった人)の借金を負わなくてよいようにします。

なお、相続放棄ができる期間は短いですので、早めに弁護士に相談されることを強くお勧めします。

相続問題のブログ

〇 相続とは、どのような制度ですか?

〇 相続回復請求権とは、何ですか? 準備中です。

〇 誰が相続人になるのですか?

〇 具体的な相続分(取り分)はどうなりますか? 

〇 特別受益とは、何ですか? 準備中です。

〇 寄与分とは、何ですか? 準備中です。

〇 特別の寄与とは、何ですか? 準備中です。

〇 相続したくない場合は、どうすればいいですか? 

〇 相続放棄とは、どのような制度ですか? 

〇 限定承認とは、どのような制度ですか? 準備中です。

〇 相続放棄は、いつまでできるのですか?

〇 相続放棄や限定承認ができなくなる場合があるのですか?

〇 遺言書とは、何ですか? 準備中です。

〇 遺留分とは何ですか?

〇 遺産分割とは何ですか? 

〇 遺産分割の際、土地の価格はどのように評価するのですか? 

〇 相続人がいないとき、被相続人の債権者はどうすればいいですか? ー 相続財産管理人の選任 準備中です。

ご相談の予約

遺産分割、遺留分、遺言書、相続放棄などは、岐阜の弁護士杉島健二(岐阜県弁護士会所属)に、ご相談ください。

ご相談のご予約は、こちらから。

〒500-8833 岐阜市神田町1-8-4 プラドビル7A

すぎしま法律事務所 弁護士 杉島健二(岐阜県弁護士会所属)


ビルの7階に事務所があります。エレベーターがあります。

事務所のあるビルのすぐ前が、「商工会議所前」(旧:市役所南庁舎前)のバス停です。

© 2021 すぎしま法律事務所 弁護士 杉島健二 Powered by AFFINGER5