相続問題

相続とは、どのような制度ですか?

相続とは、ある人が亡くなった場合に、その人の権利義務関係(法的地位)を、その人と一定の身分関係のある人に承継させて存続させる制度です。

例えば、妻と長男がいる父が死亡して、その父について相続が発生した場合に、その妻や長男が父の権利義務関係を取得します。

相続によって、権利義務関係を取得する人を相続人、亡くなった人を被相続人と言います。

誰が、相続人になるかは、民法の規定により決まっています。

相続は、被相続人の権利義務関係(法的地位)を包括的に、つまり、被相続人が持っていた権利義務関係一切をまとめて相続人に承継させるものです。プラスの資産もマイナスの借金などもまとめて承継します。ですので、相続人は、プラスの資産だけを相続し、マイナスの借金は相続しないということはできません。

民法の規定

第八百八十二条 相続は、死亡によって開始する。

第八百八十三条 相続は、被相続人の住所において開始する。

ご相談のご予約

ご相談のご予約は、こちらから。

〒500-8833 岐阜市神田町1-8-4 プラドビル7A

すぎしま法律事務所 弁護士 杉島健二(岐阜県弁護士会所属)

遺産分割、遺留分減額、相続放棄、遺言書作成など、いろいろな相続問題を解決してきました。

相続問題は、親族間で感情的な対立が生じやすく、話し合いによる解決が難しい事案です。

当事務所では、家庭裁判所へ調停を速やかに申し立てることなどにより、迅速かつ適正な解決を目指します。

-相続問題

© 2021 すぎしま法律事務所 弁護士 杉島健二 Powered by AFFINGER5