相続問題

相続問題

遺留分とは何ですか? - 遺言書で自分の取り分が少ないときは、どうすればよいか。

2021/9/7  

1 定義 遺留分とは、わかりやすく言うと、一定の相続人が、被相続人(亡くなられた親族の方)の遺産から、被相続人の遺言書の内容にかかわらず、一定の遺産を受け取ることができる権利のことを言います。 2 趣 ...

相続問題

相続放棄は、いつまでできるのですか?

2021/7/9  

 相続放棄ができる機関として、民法915条1項は、「相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。ただし、こ ...

相続問題

誰が相続人になるのですか?

2021/7/6  

被相続人が死亡し、相続が発生した場合、具体的にだれが相続人となるかは、民法の規定によってきめられています。 まず、配偶者、つまり被相続人である夫の妻、あるいは、被相続人である妻の夫は常に相続人となりま ...

相続問題

相続回復請求権とは、何ですか?

2021/7/6  

準備中です。 民法の規定 (相続回復請求権) 第八百八十四条 相続回復の請求権は、相続人又はその法定代理人が相続権を侵害された事実を知った時から五年間行使しないときは、時効によって消滅する。相続開始の ...

相続問題

相続とは、どのような制度ですか?

2021/7/6  

相続とは、ある人が亡くなった場合に、その人の権利義務関係(法的地位)を、その人と一定の身分関係のある人に承継させて存続させる制度です。 例えば、妻と長男がいる父が死亡して、その父について相続が発生した ...

相続問題

具体的な相続分(取り分)はどうなりますか?

2021/7/6  

被相続人が死亡して、相続が発生した場合に、各相続人の相続分については民法に定めがあります。 すなわち、 1 子と配偶者が相続人であるときは、子の相続分と配偶者の相続分は、それぞれ2分の1ずつです。なお ...

相続問題

限定承認とは、どのような制度ですか?

2021/7/6  

準備中です。 民法の規定 第九百二十二条 相続人は、相続によって得た財産の限度においてのみ被相続人の債務及び遺贈を弁済すべきことを留保して、相続の承認をすることができる。 第九百二十三条 相続人が数人 ...

相続問題

相続放棄とは、どのような制度ですか?

2021/7/9  

相続放棄とは、相続人となった者が、家庭裁判所へ申述することにより、相続人としての地位、すなわち、被相続人から承継した権利義務関係を放棄することを言います。 相続は、相続人になる者の意思にかかわらず、被 ...

相続問題

相続人がいないとき、被相続人の債権者はどうすればいいですか? ー 相続財産管理人の選任

2021/7/6  

準備中です。 民法の規定 (相続財産法人の成立) 第九百五十一条 相続人のあることが明らかでないときは、相続財産は、法人とする。 (相続財産の管理人の選任) 第九百五十二条 前条の場合には、家庭裁判所 ...

相続問題

遺産分割とは何ですか?

2021/7/9  

遺産分割とは、相続人全員で、被相続人の遺産を分割、すなわち、遺産のうち具体的に何をどの相続人が取得するかを決めることを言います。 遺産分割は、通常、被相続人の遺言書がない場合に行われます。 遺産分割に ...

© 2021 すぎしま法律事務所 弁護士 杉島健二 Powered by AFFINGER5