交通事故

交通事故の保険 その② - 弁護士費用特約

 弁護士費用特約(「弁護士保険」などということもあります。)とは、自動車保険等の特約の一つで、交通事故の被害者と して、弁護士に依頼したうえで加害者などに損害賠償請求する際の弁護士費用が補償 されるという保険です(ただし、限度額があります)。
 自動車の保険というと、加害者として事故を起こしてしまったときの対人保険や対物保険をイメージすると思います。そして、事故を起こしてしまった場合に行う被害者との示談交渉などは、その保険会社の担当者や保険会社が紹介した弁護士が行ってくれます。これは、事故の賠償金は最終的には保険会社が支払うので、保険会社が積極的に介入してくるからです。

 これに対して、交通事故の被害にあった場合で自分に過失がないときには、事故にあった人が加入している保険会社が対人保険や対物保険の保険金を支払う余地はありません。

 そうすると、保険会社としては積極的に関与することができず、被害にあった人が自ら交渉したり、自分で費用を払って弁護士に委任したりしないといけないというのが原則です。

 そこで、交通事故の被害者のために弁護士費用特約が必要となってくるのです。

 一般の方にはまだあまり知られていませんが、自分が加入している自動車保険にすでに特約としてついていることも多いです。


 一度、ご自身が加入されている自動車保険の特約の内容をご確認することを、お勧めします。
 もちろん当事務所でもご利用いただけます。

  詳しくは、日本弁護士連合会のホームページをご覧ください → こちら

-交通事故

© 2021 すぎしま法律事務所 弁護士 杉島健二 Powered by AFFINGER5