医療法人の法的基礎知識

社団医療法人の役員

1 医療法人の役員の意義

 医療法人には、役員として、3人以上の理事と、1人以上の監事を置かなければならないとされています(医療法46条の5第1項)。

 医療法人の役員は、民法上の善管注意義務を負う(医療法46条の5第4項が準用する民法644条)ほか、各役員に応じた義務が課せられています。

 理事についてのサイトは、こちらです。

 理事会についてのサイトは、こちらです。

 理事長のサイトは、こちらです。

 監事のサイトは、こちらです。

2 社団医療法人の役員の責任
(1) 医療法人に対する損害賠償義務(医療法47条)

 社団医療法人の役員は、その任務を怠つたときは、当該医療法人に対し、これによつて生じた損害を賠償する責任を負う、とされています。

(2) 第三者に対する損害賠償義務(医療法48条)

 社団医療法人の役員は、その職務を行うについて悪意又は重大な過失があつたときは、これによつて第三者に生じた損害を賠償する責任を負う、とされています。

ご相談のご予約

医療法務は、岐阜の弁護士杉島健二(岐阜県弁護士会所属)に、ご相談ください。

ご相談のご予約は、こちらから。

TEL:058-215-7161

〒500-8833 岐阜市神田町1-8-4 プラドビル7A

すぎしま法律事務所 弁護士 杉島健二(岐阜県弁護士会所属)


ビルの7階に事務所があります。エレベーターがあります。

事務所のあるビルのすぐ前が、「商工会議所前」(旧:市役所南庁舎前)のバス停です

-医療法人の法的基礎知識

© 2022 すぎしま法律事務所 弁護士 杉島健二 Powered by AFFINGER5